リフォーム・リノベーションの専門業者ならカラコル

トイレリフォーム

Renovate the toilet

Reform

トイレリフォーム

清潔で心地よい空間が実現できるように、デザイン、機能、清掃性、使い勝手にもこだわって選びましょう。カラコルでは、トイレリフォームとして、お客様のご要望を踏まえたご提案をプロ目線でサポートいたします。

こんなお悩みありませんか?

  • 掃除しても汚れや臭いが取れない
  • 便座が冷たく、トイレの中も寒い
  • トイレの空間が狭い
  • 臭いがこもって気になる
  • 置きっぱなしの掃除道具がまる見え
  • 和式トイレからトイレに変えたい
  • 高齢の両親を介護できる広さがほしい
  • 節水タイプに取り替えたい
  • ウォシュレットを取付けたい

Price

トイレリフォーム費用

トイレリフォームを行う上で、一般的な費用相場とカラコルの料金体系をご紹介します。
費用には、工事費(給排水工事等)・材料費・廃材処分は含まれます。床材や壁紙の内装工事、配管の大幅な移動工事は含まれません。無料見積り依頼後、現地調査時にカタログをお持ちしますので、詳細はお打合せの上でご提案させて頂きます。

一般的なトイレリフォーム費用相場

メーカー 費用(税込)
タンクレス便器 30万円〜
タンク一体型洗浄便器 17万円〜

※金額はあくまでも目安です。使用する製品やグレードや現場状況によって、料金が異なる場合があります。

Type

トイレの種類(タイプ)と選び方

トイレのタイプは、大きく分けてセパレート、一体型トイレ、タンクレスなどがあります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご希望に沿うタイプを選びましょう。

セパレートタイプ

メリット

  • リーズナブル
  • 便座が故障の場合、便座のみ交換できる
  • タンク手洗いの有無が選べる

デメリット

  • 凹凸や入り組んだ箇所があり、清掃性は一体型やタンクレストイレに劣る

一体型タイプ

メリット

  • 凹凸が少なく、掃除がしやすい
  • 一体感があるデザイン
  • タンク手洗いの有無が選べる

デメリット

  • 便座(ウォシュレット等)やタンク内の装置が故障した場合に、便器部を含めたトイレ本体を丸ごと交換しなければならない

タンクレスタイプ

メリット

  • スッキリデザインでお洒落
  • 凹凸が少なく、掃除がしやすい
  • 一体感があるデザイン
  • コンパクトなのでトイレ空間を広く使える

デメリット

  • トイレ本体に手洗いがない(取付ける場合、別売りの手洗器が必要)
  • コストが高い

Check

トイレの排水方式の確認

トイレの排水方式には床排水と壁排水の2種類があり、トイレリフォームをする際に確認が必要になります。
便器の内部から床下に配管があるものを床排水、便器の背後から壁に向かって配管が出ているものを壁排水といいます。
排水方法は建物が建設される時点で決まっていて、トイレを交換する場合は既存の排水方式に合わせる必要があります。
排水方式と合わせて確認が必要なのが、床排水の場合の排水芯、壁排水の場合の排水高です。
排水方式と排水芯、排水高がわかりにくい場合は現地調査にて専門のスタッフが確認させて頂きますのでご安心ください。

床排水 排水芯200mm

新築や比較的新しい建物では、排水芯が200mmのタイプが主流です。
間取り変更や配管工事の際にも、多くの場合で200mmに合わせて工事が行われます。

床排水 排水芯200mm以外

長く住まわれている建物では、排水芯200mm以外のタイプが見られることがあります。
排水芯200mm以外のタイプの場合は、既存の排水芯に合わせてリフォームを行います。

壁排水 排水高120mm

マンションは壁排水が多く見受けられます。
新築や比較的新しい建物では、通常、排水高が120mmのタイプが主流です。

壁排水 排水高155mmほか

リフォームの際には、現状の高さを測りと同タイプで選ぶ必要があります。

Point

失敗しないトイレリフォームのポイント

  1. 01

    トイレの情報を収集する

    雑誌やカタログ、ウェブサイトなどから好みのイメージを膨らませたり、メーカーのショールームで実際に製品を手に触れて機能や使い勝手を試してみることで、要望を具体化します。

  2. 02

    サイズやレイアウトの確認

    欲しいと思った商品でも住まいに合わなかったり、使いにくかったりすると意味がありません。使いやすく空間に合うかどうかも踏まえて検討が必要です。例えば、タンクレスのトイレはコンパクトでありながらトイレ内を広々と使え、さらには手洗いを取付けることができたりもします。

  3. 03

    仕様を決める

    自動洗浄や便座オート開閉、継ぎ目や凹凸が少ないタイプ、手摺や収納パーツ、スタイリッシュなフォルムなど様々な選択肢があります。メーカーを決め、機機能や仕様、デザインを選びましょう。

Flow

トイレリフォームの流れ

  1. 解体撤去

    既存の便器を解体・撤去します。

  2. 設備・内装工事

    床のクッションフロアを貼り替えます。配管の移動がある場合は設備工事も行います。

  3. 便器設置

    便器を設置し、給排水配管を接続して完了です。

Cace

トイレリフォーム事例

FAQ

よくあるご質問

トイレをリフォームするタイミングはいつ頃ですか?
一般的には15年程度が目安です。年数にかかわらず、使用頻度やお手入れ状況によって汚れや設備の不具合が見られる場合は早めの取り替えをおすすめします。
トイレの工事中は、他の場所も水が出なくなるのでしょうか?
便器取り外し時や水道管を触るときに一時的に止まりますが、ずっと出なくなることはありません。