リフォーム・リノベーションの専門業者ならカラコル

キッチンリフォーム

Renovate the kitchen

Reform

キッチンリフォーム

キッチンリフォームは、家庭の生活においてとても重要です。キッチンは家族が集まる場所であり、食事を作りながら楽しい時間を過ごす場所でもあります。レイアウト、機能性、デザインなどを考慮し、家族が快適に過ごせる理想的なキッチン空間を実現しましょう。

こんなお悩みありませんか?

  • 古くなって使い勝手が悪い
  • 収納スペースが少ない
  • 作業スペースが狭い
  • デザインが古い
  • ワークトップ高さが低い
  • 食洗機がほしい
  • 対面キッチンにしたい

Price

キッチンリフォーム費用

キッチンリフォームの一般的な費用相場をご紹介します。費用には、工事費(給排水工事・電気工事等)・材料費・廃材処分は含まれます。床材や壁紙の内装工事、壁下地工事は含まれません。無料見積り依頼後、現地調査時にカタログをお持ちしますので、詳細はお打合せの上でご提案させて頂きます。

一般的なキッチンリフォーム費用相場

キッチンの種類 大きさ 費用(税込)
I型 2550cm 60万円〜

※金額はあくまでも目安です。使用する製品やグレードや現場状況によって、料金が異なる場合があります。

Type

キッチンの種類と選び方

主なキッチンの種類として、以下のものがあります。
各特徴を理解した上で、ご希望のキッチンの張り替えをお気軽にご相談ください。

I型

特徴

シンクと加熱機器、調理スペースを1列に並べたレイアウト

メリット

  • 狭いスペースでも効率的に使える
  • ストレートな配置で、作業がしやすい
  • 他のスタイルに比べてリーズナブル

デメリット

  • 収納スペースが少ない
  • 作業スペースを広くとれない

ペニンシュラ型

特徴

I型キッチンと同様の配列、左右どちらが壁についており、部屋側に向かって広いカウンターで作業できるレイアウト

メリット

  • 隣接する部屋との間に仕切りを設けずに、開放感を保ちながら動線を確保できる
  • カウンターが広いため作業スペースが広がる
  • ダイニング側に収納スペースを作れる

デメリット

  • I型キッチンよりも広いスペースが必要
  • 配置によっては、通路が狭くなる場合がある
  • 吊戸がないため手元が隠せない

L型

特徴

シンク、加熱機器、調理スペースがL字型に並ぶレイアウト

メリット

  • コーナーを有効活用できる
  • 収納スペースが多い
  • 作業スペースと通路が広い

デメリット

  • キッチンを横切る動線が長くなる場合があり、効率が悪く感じられることがある
  • コーナー部分の収納が使いづらいことがある
  • コーナーの入隅部分の掃除がしにくい

Ⅱ型

特徴

シンクと加熱機器部分を分けて2列にするタイプ

メリット

  • 収納スペースが多い
  • カウンタースペースが広い
  • 料理の準備と調理を別々のエリアで行える

デメリット

  • スペースが必要なので小さな部屋では適さない
  • レイアウトや設置が複雑で、設置に余分な費用や時間がかかる場合がある

Point

失敗しないキッチン工事ポイント

  1. 01

    キッチンのお悩み・
    ご要望をまとめ、
    優先順位をつける

    キッチンに関する様々なのお悩みや不満を解消するためにな要望を整理することが重要です。改善したいポイントや実現したいこだわりを家族間で話し合い、デザイン・収納・価格の観点からそれぞれに優先順位をつけましょう。

  2. 02

    キッチンの情報を収集する

    雑誌やカタログ、ウェブサイトなどから好みのイメージを膨らませたり、メーカーのショールームで実際に製品を手に触れて機能や使い勝手を試してみることで、要望を具体化します。

  3. 03

    間取りを決める

    レイアウトをそのままでキッチンのみ交換するか、I型からペニンシュラ型やL型など他のスタイルに変更するかを考えます。間取り変更にはコストがかかりますが、快適なリフォームが可能です。ただし、床材の張り替えや排水設備、電気工事などが必要ですので、現地を確認した上で最適な提案をさせて頂きます。

  4. 04

    仕様を決める

    ガスコンロをIHに変えるか、食洗機を取り入れるか、扉の色はどうするか、そして掃除のしやすいレンジフードやタッチレス水栓、浄水器など、キッチンにはさまざまな設備があります。メーカーを決め、機能や仕様、デザインを選びましょう。

  5. 05

    キッチンの高さ

    キッチンの高さ(ワークトップの高さ)には80cm、85cm、90cmがあります。一般的には85cmが一般的ですが、ご高齢の方や身長の低い方には80cm、ご主人がキッチンに立つことの多いご家庭ではは90cmを検討されてもよいかもしれません。キッチンの高さは、快適さや作業効率関わる重要な要素でもあります。

Flow

キッチンリフォームの流れ

  1. 解体・撤去

    既存キッチンを解体・撤去します。

  2. 設備工事

    新しい給水・排水、電気配線を設置します(※床の張替えや補修工事を行う場合があります)

  3. キッチンパネル

    専用の粘着テープと接着剤でキッチンパネルを張ります。

  4. 組立

    レンジフードやキャビネットを組み立てた後、給排水や電気配線を接続します。

  5. 完成

    水栓や加熱機器、手元照明などを取付け細部を仕上げて、キッチンの工事が完了です。

Cace

    キッチンリフォーム事例

FAQ

よくあるご質問

キッチンを取り替えるタイミングはいつ頃ですか?
一般的には15~20年程度のタイミングで行うケースが多いです。この時期にはキッチン全体や壁、床などに汚れや傷、老朽化が目立ち始めることがよくあります。ガスコンロなどの設備や部品はキッチン全体よりも寿命が短いことが一般的です
レンジフードだけ、食洗機だけの交換もできる?
設備機器のみの交換も可能です。ただしキッチン全体が設置されてから上記のような年数が経過している場合は、キッチンの天板やシンクの劣化具合を見ながら全体をリフォームしてもよいかもしれません。